日テレの「月曜から夜ふかし」で使われている効果音

今テレビで毎日と言っていいほどに見かける
マツコ・デラックスと関ジャニ8の村上信五が司会を務める日テレの番組「月曜から夜ふかし」。

この番組に使われているダーダッダ!!という効果音は非常に耳に残ります。
その効果音が使われるのは主にVTRのタイトルが表示される時です。
つまりは視聴者がどんな事が始まるんだ?と気にかける瞬間です。
その瞬間にダーダッダ!!という効果音が流れ、グッと関心を引いているのだと思います。

ではこの効果音の元は何かと調べた所、1988年に製作されたアニメ映画「AKIRA」の劇中に登場した曲で、
戦闘シーンが始まる際に流れるような緊迫感溢れるものでした。
その出だしの部分を切り取って月曜から夜ふかしでは企画の前振りの時に使っているという訳です。
番組の内容としてはシリアスではなく、変わっていてなおかつ面白い話題が多いのですが、
このシリアスな効果音が上手くマッチしています。

効果音は切り取る部分と使うタイミングで全然違った姿を見せるのだと非常に勉強になりました。

忘れられなかった音

最近、PSP版のファイナルファンタジーを始めました。
近くのお店で安く売っていたので、スマホ版よりはということでこちらを選びました。
ファミコン版を相当昔にやったきりだったので、本当にひさしぶりです。

ファイナルファンタジーのシリーズはファミコン・スーパーファミコンはすべて遊び、PSは7と8のみ遊びました。
PSP版のをやってみて、当然きれいになったグラフィック、壮大になった効果音に、時の流れを感じました。
操作ももちろんやりやすくなって、さくさく進めることができました。

ただ、何か足りない。
その足りない何かがわからないまま、1時間遊んでその日は終わりました。

1週間後、時間が取れたので、再び遊んだ際、何が足りないのかやっとわかりました。
ウインドウの開閉の音だったのです。
ファイナルファンタジーの1のみ、人物が話す際にウィンドウの開閉に独特の音がするのです。
音がするだけ、ワンテンポ何もできないともいえるのかもしれません。

ファミコン版をやったのはずっと昔だったのに、あらすじよりも何よりもそれを覚えていて、ゲームに物足りなさを感じるなんて思っていませんでした。

大人になっても忘れない好きだったゲームの効果音

私が学生だった頃によく遊んでいたゲームで「真サムライスピリッツ」という格闘ゲームがありました。
サムライたちが武器を使って闘い合うもので、操作するボタンはそれぞれ小・中・大と相手を斬るボタンがあります。その中で私は「大斬り」を相手にヒットさせた時の効果音が非常に好きでした。

「ジュバァッッ」

と斬れる音がやたら爽快な気分を与えてくれて子供ながらに喜んでいました。
そして斬った瞬間ややスローな映像に変わって「斬った」という感じを味あわせてくれる効果があったことも、爽快感を与える相乗効果になっていたと思います。
もともと時代劇が好きでテレビでよく見ていたので、闘って相手を斬るシーンは好きでした。私が見ていた時代劇は、大体最後に悪人たちを次々と斬りまくるシーンが多かったので、ズバズバ斬っていく音は好きではありました。そこにきて「真サムライスピリッツ」のより深いところまで抉ったかのような大斬りの効果音に出会ったのです。
大人になった今でも忘れられない効果音の一つです。

ロックマンシリーズの魅力的な効果音

ロックマンシリーズの中で最も有名な効果音と言えば、ロックマンやボスが倒された時の音です。ロックマンやボスは機械で出来ていますので、ライフが無くなったら爆発をする意味でティウンティウンという言葉を用いる人が多いです。ゲームの中でティウンティウンという効果音を聞いた時に、本当に倒されてしまったという実感が湧きます。
ロックマンシリーズのゲームは機械が主体になっていますので、弾を出す音などが多いと感じました。シリーズによっては主人公がエネルギーを溜めるシーンの効果音があったり、大きな乗り物に乗って建物などを壊す音がリアルに聞こえてきて、現実で工事現場を行っている音と似通っている部分もありました。
スーパーファミコンのロックマンシリーズでは、敵が倒された時に爆発する時の効果音が気に入っています。実際に物が爆発する場面を演出していて、爆発の効果音も現実の爆発の音に近い事を感じました。スライディングの音や扉が閉まる音なども、本物であると感じています。

携帯電話の着信音に使いたい効果音

テレビなどで耳にする効果音は、些細な音でも案外耳に残るものです。そういう効果音を携帯電話の着信音にしている方も少なくなく、人ごみなどで聞き覚えのある音がどこからか聞こえてくることも多いです。

携帯電話の着信音は、人ごみでも埋もれないような音にしておくと聞き漏らす心配も減ります。テレビやゲームなどで使われている効果音はまさにそういった音なので、着信音には最適だと言えると思います。

もちろん同じ効果音を着信音にしている人がたくさんいると紛らわしくなってしまいますが、テレビなどで使われている効果音の種類は無数に存在しています。その中で好みの音を選んで使うわけですから、他の人と同じ効果音を着信音に使用してしまう確率は比較的低い筈です。
携帯電話の着信音は、会話のネタとしても使えます。

面白い効果音を着信音に設定していれば、それだけで会話の糸口に繋がる可能性も高いと言えるでしょう。着信音用の効果音素材はたくさんあるので、その中から好きな音を探してみると良いと思います。

私が好きな効果音の特徴

私が好きな効果音の特徴として昔の映像作品というのがあります。それはどうしてかというと、最近の映像作品を観ていても
効果音の使い方がやけにお洒落を意識してオーバーな表現を抑えるようになっているからです。

ですから、いろんな映画やドラマで流れる効果音を聞いても必ずしも上手く表現できていないように思えます。

ですが、昔のテレビドラマや映画作品を観るとそのほとんどで効果音の使い方が今よりもずっと良く出来ていると思います。

では、具体的にどういった点でそう感じるのかというとそれは
今と違って昔の映像作品は実写にしてもアニメにしても過剰にオーバーな効果音を使う傾向があったという点です。

これは今の時代には合わないと言われればそれまでですが、
私は逆に何十年も前の大袈裟な効果音はすごく新鮮に感じます。

ですから、私が好きな効果音というと何十年も前に流れていたようなオーバーな効果音です。それがより一層映像作品を面白くしていると思ったからです。

自分で作った効果音

私は自分で効果音を作ってしまいました。結構簡単に作れたのです。それは子供のためにです。子供が喜ぶために、ジャジャーンという驚きの効果音を作ったのです。
そして子供が何かをするたびに、この効果音を出しているのです。そのたびに、子供は笑顔になれるのです。それが私の狙いだったのです。

子供の時に見ていたテレビを観て、作ってみたのです。子供の時に見た、面白いドラマで良く効果音が出ていたのです。それが面白くて私はよく笑っていました。

思い出して自分でパソコンで作ってみたのです。似たようなものができたので、早速子供に聞かせたらとても笑っていました。子供がふすまを開けるたびに、手をあげるたびに、ごはんを食べるたびに効果音を出しているのです。そのたびに、とても可愛い笑顔で笑ってくれるのです。

効果音って、それだけで人を喜ばせる何かを持っています。効果音が鳴るだけで、みんな笑顔になれるのです。それは本当に大きな力なのです。

効果音はどうやって作る?

効果音の作り方として有名なものには、例えば波の音があります。小豆をざるの上で転がすというものです。なぜ、実際の波の音を使おうと思わないのかと、素人である私としては思ってしまうものなのですが、余計な音が入ってしまったりするので使えないのかもしれません。

その他にも、貝殻二枚を使ってカエルの声を表現したり、片栗粉を押し込むことで、雪の上を歩く際の『ぎゅっぎゅっ』という音を表現したりといった方法もあります。確かによくよく聞けば「ああ、そうかもしれない。」と思うものですが、よく聞いていないと気付くことは出来ません。効果音を作る音響担当の方は、よく似た音を探すことが出来るなと感心してしまいます。

聞いていて違和感なんてないのですが、実際には本物とは違う音なわけです。あまり舞台裏というのは覗いていいものではないのかもしれませんが、どんな風に音を出しているのかと思うと興味がわいてしまいます。お話が聞けるのであれば、一度聞いてみたいなと思ってしまいます。

独自で行っていたピアノの練習

子供の頃ピアノを習いたかったのですが、習わせてもらえませんでした。姉が習っていたのですが、すぐに止めてしまったことから、私もすぐに止めてしまうだろうということで習わせてもらえませんでした。

そこで、姉が使っていたピアノのレッスン本を参考に、自分で音符の読み方を勉強し、弾く練習を毎日していました。そのレッスン本はバイエルというピアノ初級のものでした。ドレミから始まり徐々に音階が広がっていきます。それに合わせて練習していくうちに、いつしか、その一冊すべての練習曲を弾けるようになっていました。

ただ、シャープやフラットなどが入った少し難しい練習曲には少し手こずりました。独自で音符の読み方を勉強していたので、どういった時にシャープが機能したりしなかったりするのかが、なかなか分かりませんでした。そこでピアノを習っている友達などに聞いて勉強しました。

その努力によって、ピアノ教室に行かなくても、「エリーゼのために」「トルコ行進曲」などの名曲を弾けるまでになりました。

作曲が好きでした

10代の頃から、曲を作ることが大好きでした。勿論、詞も曲も作ります。
20代になると、機材を揃えたり、打ち込みをはじめ、友達と形にしたりと本格的になりました。
正直、ちまたの同じような趣味を持つ人に比べたら、ド素人な出来上がりで、あくまでも自己満足的なものでしたけれど。

それでも、ネット上で公開したり、オリジナルCDを作って販売してみたり、たくさんの方に聞いてもらい、時々嬉しい感想もいただきました。
プロなんて遠いですが、こんな狭い世界でもいいから、一生曲作りをしていくんだと思っていました。何才になってもできることですから。

でも、結婚して子育てをしているうちに、忙しくて何もできない状態になり、曲を作ることを止めてしまいました。そのうち、子供が幼稚園や学校に入り、時間ができるようになったので、またやりたいなとは思いました。

が、曲が出てこないのです。作りたいと思う曲もできないのです。
その時ふと気が付いたのですが、今まで自分は「好き」の力で曲を作っていたのだなと。
自分の曲調的に、「家族愛」とは違って、もっと幼い恋愛心を歌ってきたのだなと。結婚してしまって、そういう心の動きがなくなったら、曲が作れなくなってしまったのです。

「好き」というパワーってすごいんだなぁ。
私もまたいつか、それに負けないパワーを手に入れて、曲を作ってみたいなと思うのでした。

1 2